不動産の価格は、不動産会社だけが知っていることで、わざわざ会社に尋ねなければわからないものでした。実際に売却したい、購入希望者は今までは地元不動産会社の情報をもとに動いていました。ところが、今では不動産一括サイトで無料で調べることができます。インターネットの普及のおかげですが、売りたい買いたい人にとっては、便利です。

不動産一括査定.NET【売却価格】買取相場のことなら不動産一括査定へ

高額査定に騙されないことと告知の必要性

不動産一括査定サイトに掲載されている不動産会社の中には、高額査定をつけるところもあります。
売却価格が高いことは魅力的ですが、その査定価格が他の不動産会社よりもあまりにも格差がある場合は要注意です。
マンションの中古物件1000万円なのに、そこだけ2500万円なんていう場合は、何かしらの理由が考えられます。

その理由とは、
  • 周辺調査を怠っている
  • とにかく契約、営業成績のため
  • 市場のニーズを知らない
などです。
要するに、不動産会社そのものの態勢もおかしいと言う段階から疑ってみることです。
しかし、その不動産会社がネームバリューのある大手であることもあり、信憑性は確かだと言うときには、依頼をしてみましょう。

これが万が一の高い売却価格だったということは、あまりない話で、実際の訪問査定では、結局、1000万円にしかならなかったという口コミの方が断然多いです。
ある依頼者の話では、最初は高値をちらつかせ、とにかく物件にケチをつける。
これはマイナス、これはダメ、これはまずいなぁと担当者の態度そのものに腹が立ったということもあります。
それなら最初から安値にしておけば依頼もしなかったのに、と怒り心頭でした。
現実はこのようなことが頻繁に起こっています。

また、依頼者としても気をつけなくてはならないことがあります。
訪問査定にきた時、不動産の価値としては妥当ですが、周辺環境についてのことに告知です。
隣家との境界問題、ご近所トラブル、騒音などの日常的な問題については、きちんと話しておくことが義務とされています。
当然担当者からも尋ねられることですが、告知をしていないと売却後に発覚した時にペナルティが発生することもあり、ときには裁判事になることもあります。

高値の不動産会社、トラブル隠しの依頼者、いずれも後にトラブルの原因となってしまうことから、お互いに気をつけなければならないことがあるということです。