不動産の価格は、不動産会社だけが知っていることで、わざわざ会社に尋ねなければわからないものでした。実際に売却したい、購入希望者は今までは地元不動産会社の情報をもとに動いていました。ところが、今では不動産一括サイトで無料で調べることができます。インターネットの普及のおかげですが、売りたい買いたい人にとっては、便利です。

不動産一括査定.NET【売却価格】買取相場のことなら不動産一括査定へ

不動産一括査定サイトの査定額にはご注意を

不動産一括査定サイトでは、各エリアのおおよその査定額を表示しています。
わかりやすいのは土地だけの場合で、建物がある、マンションの場合は、訪問査定で確認しないと正確な査定額の算出は難しいです。
最初の入力で、築◯年は入れるものの、見てみないとわからないというのが不動産会社の言い分です。

査定額の算定とともに、不動産会社は現物確認をして、売り出し価格を決めなくてはなりません。
不動産売却を考えるとき、それがそのまま商品としての価値をつけるのですが、その商品の仕入れが査定額です。
売り出し価格には、査定額と手数料、不動産会社の儲けが入ることになります。

もし、不動産一括査定サイトで査定額を確認するときには、近所の中古不動産の売り出し価格などを確認することをオススメします。
その価格よりも査定額は決して高いものではないのは確かなことです。
あまりにもかけ離れた査定額だとしても、それが査定額の相場であることは多いです。

こんなに安いんだと言うのが本音として多いようですが、不動産一括査定サイトでの高い査定額でぬか喜びをしてしまうと、後で訪問査定の時にいろいろ注文を付けられて、やっぱり安い査定になってしまうのが現実です。

売り出し価格が売却価格と勘違いしている方も多いようですが、査定額は不動産会社にとっては仕入れ価格、1円でも安い作戦を講じてきますので、使い方によっては不動産一括査定サイトも騙しかい?と思う方も多いようです。
不動産会社に売却依頼、そんなに甘くないということです。